トップ>スタッフブログ>歯科関係>唾液は大切☆

スタッフブログ
Staff blog

唾液は大切☆

こんにちは。秋の連休、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

お天気はすぐれない日が続いていますが、気温は涼しくて過ごしやすいですね♪

 

私は友人の赤ちゃんに会いに行ってきました 😮 

口と手がよだれまみれ~ 😛 

でも不思議と、赤ちゃんのよだれって汚いとは感じないものですね。

 

そこで今日は唾液についてのお話です。

「唾液」と聞くとどことなく汚いイメージを浮かべてしまいますが。。

 

まず、唾液には2つの作用があります。

1.自浄作用

口の中で細菌やウイルス、あるいは食べかすなどといったものを洗い流してくれる役割

2.抗菌作用

抗菌作用のある物質(ラクトフェリン、免疫グロブリン、リゾチームなど)が数多く含まれていて、      口から侵入する病原体をやっつけてくれる役割

 

では、唾液が減るとどうなるのでしょう。

・むし歯や歯周病になりやすくなる

・口臭が強くなる

・滑りの悪さからものが飲み込みにくくなる

・味がわかりにくくなる

 

唾液が出るのはとても重要なことなのですね!

 

そして、唾液が減る原因としては、口呼吸、緊張・ストレス、更年期障害などがあげられます。

確かに緊張すると、口の中が乾燥して不快な気持ちになったりしますよね。

 

質の良い唾液を作るためには、ものを食べるときよく噛むことが非常に有効な方法の1つと考えられています。

ガムやおしゃぶり昆布、小魚などある程度硬さがあり、唾液の分泌を促してくれるものを積極的に食べると良いそうです。

 

もと歯科クリニックでは、キシリトール入りのガムの販売も行っています。

ご興味のある方はぜひ、お気軽にお声をおかけください :-) 

IMG_2161